1. >
  2. >
  3. 友達と行く卒業旅行について
観光

友達と行く卒業旅行について

旅行の内容が決まりました

彼氏のことはさておき。
大学4年間を通じて仲良くしてきた友達との卒業旅行の行き先がたいぶまとまってきました。

最初はスキーにしようとか、海外で思いっきり遊ぼうとかいろいろな意見が出ていたのですが、結局日程の都合や予算の都合などもあり、日本歴史の旅ツアーということでまとまりました。

私の友達の一人にいわゆる「歴女」と呼ばれるとても日本の歴史に詳しい人がいて、その人が詳しい遺跡についてガイドをしてくれるということでみんなが納得をした形です。
海外旅行も確かに魅力的なのですが、ちょっと治安上の問題や金銭面などの不安もあるので、安心してまわれる国内が最もよいのではないかということになりました。

意外とおもしろい日本の歴史

回るルートとしては、信越方面から東北に向かいそこから関東に下ってくるというかなり長距離です。
歴女友達曰く、信越から東北にかけては戦国時代にいろいろなドラマがあったので、非常に見所が多く楽しむことができるからということです。

考えてみれば、日本史としてそれなりに知識はあるものの、細かい戦国時代の勢力図などは本気で勉強などをしてみないとよくわかりません。
特に直接政治の中心となっていたわけではなかった武将や藩などは、どの時代にどっちについてどう移動していったかなどは、個別に追っていかないとわからないことでしょう。
東北地方に限らず動乱期にはすぐれた武将が数多く存在していたということなので、私もすすめられるまま歴史の本などを読んでみることにしました。

まだ全然勉強不足ではありますが、確かに日本史は勉強をしてみるとかなり面白いことがわかってくるような気がします。
個別の武将の動きなどもそうですが、過去の出来事が現在も祝われているお祭りの起源になっていることなどがあるので楽しいです。

武田信玄と上杉謙信にまつわる「塩を贈る話」も、実際に運搬に使われていた道は今も「塩の道」として舗装されないまま残っていて、お祭りや行事として利用されていることなど、これまで全く知りませんでした。
今読んでいる本では今度は宮城県の伊達政宗についてのことが詳しく書かれているので、ぜひ実際に行くまでには詳しく政宗公の政治や強さなどを勉強しておきたいと思っています。

海外旅行などをして外側の見識を広げるのもよいのですが、こんなふうに自分の生まれた土地などについて詳しく知るための旅をするというのもよいものですね。
今から旅行に出発する日が楽しみに思えます。