1. >
  2. >
  3. アパレル業界で使えるカラーコーディネーター検定
色

アパレル業界で使えるカラーコーディネーター検定

カラーコーディネーター検定について

カラーコーディネーター検定って知っていますか?
最近ではアパレル業界関係者の間では人気の検定で、これからアパレル関係で就職したいと思っている人へぜひ、取っておいた方が良い検定です。
そんなカラーコーディネーター検定について紹介していきたいと思います。

カラーコーディネーター検定とは、名前の通り色彩を検定していくものなのですが、内容によってファッション色彩と商品色彩、環境色彩という3つのジャンルに分けられています。
同じような検定でカラーコーディネーターという検定もあります。
では、色彩検定とカラーコーディネーター検定って何が違うのでしょうか。

どちらの検定も「色」の知識について行う検定という内容的には違いがありません。
ですが、どの分野で活躍するか人気があるかという点で違いがでてきます。

色彩検定はファッション業界を中心に人気が広く、ファッション関連から誕生した検定となっています。
カラーコーディネーター検定は、商工会議所が中心に誕生した検定なので工業分野でも活躍する事ができる検定です。
簡単に説明するといろいろな職種に適している検定としてはカラーコーディネーター検定がオススメとなっています。

そんなカラーコーディネーター検定は、商工会議所での検定となっています。
商工会は経済団体ですので、そういった企業からは必要とされています。

またビジネスシーンで取り扱われている色について学んでいきます。
例えば、街並みにあった建物のカラーの組み合わせ、お店の棚と商品などの色の組み合わせ、もちろん化粧の際の色の組み合わせなどカラーコーディネーター検定はそういった内容を勉強し検定としています。

カラーコーディネーター検定を受けるまでの流れ

そんなカラーコーディネーター検定を受けるまでの流れとしては、インターネットで試験日などを検索する事ができます。
個人的に受験をインターネットや電話から申し込みをする事ができます。

流れとしては申し込むをすると自宅に申込書が届きます。
それから内容を記入すると受講料を払います。

次に受験票が届いて、試験を行います。
最後は成績票が届いて合否がわかります。

カラーコーディネーター検定は個人での受験も受け付けています。
もちろん企業団体での受験も可能です。

最近では団体でカラーコーディネーター検定を受ける人が増えています。
そのくらい企業ではカラーコーディネーターが必要とされている証拠です。
受験資格はありません。

年齢問わずカラーコーディネーター検定を受ける事ができます。
最近では高校生の間でもカラーコーディネーター検定は注目されています。
年々、受験する人の年齢が若くなっている傾向があります.。

みなさんもカラーコーディネーター検定を受けてみてはいかがですか?
趣味でカラーコーディネーター検定を受けている人もいます。
通信教育でも学ぶ事ができるので誰でも気軽に挑戦できる検定ではないでしょうか。