1. >
  2. >
  3. アパレル店員として使える資格
マネキン

アパレル店員として使える資格

アパレル業界で働いていく中で使える資格は非常にたくさんあります。
まず最も重要になってくるのがパーソナルカラー検定というもので、これは様々な場面で活躍してくれる資格です。
比較的簡単に取得できるので私も持っていますが、色のバランスをしっかりと把握しておくのはこの業界で
働いていく以上、常に意識していなければならないことなので本当に役立つ資格だと思っています。

このほかにもカラーコーディネーター検定試験などもあり、こちらもやはり色彩についての
知識を持つことができます。また、洋服をはじめとしてその他の小物についてもしっかりと
管理していかなくてはならないので、衣料管理士という資格が重要になってきます。

医療管理士の資格では商品の扱いだけではなく、お客様に対しての対応についても
学ぶことができるので、接客でも役立てることのできる資格となっています。

自分に自信をつけるための資格もある。

上記したのは基礎的な資格となりますが、それだけではなく、この仕事をしていく中で
自分に自信の持てる資格もあります。まずはファッションビジネス能力検定試験というものがあり、
生産また企画まで様々な知識を持っていなければ取得できない資格となっています。

こちらの受験資格等は特になく3級から1級までに分かれていて、マネジメント戦略などについても
学ぶため本当に勉強できる資格です。また、アパレル業界に限った事ではありませんが商品を販売する上で
販売士という資格もあり、こちらも特に制限などはなく様々な商品を販売する上での
専門的な知識が身につくのでお勧めです。

あれば良い資格

さらに、上記した以外にも機会があれば取得しておいた方が良い資格の中にジュエリーコーディネータや
などがあります。ジュエリーコーディネーターは、このような宝石店や婚約指輪の専門店において、
アクセサリーやジュエリーに関する販売やお客様からの相談業務を担う際に役立つ資格です。

こうした資格があれば洋服以外の小物を扱っている店舗でお客様に対するアドバイスも
的確に行えるため、お客様からの信頼度も大きくなるでしょう。また、お店で使用する
広告などを製作するうえでは、イラストレーターやフォト広告クリエイターの資格などが役立ちます。

ここで名前を出した全ての資格を取得するのは大変なことですが、時間のある時に少しずつ
自宅で勉強できる資格であれば順番に取得することができるのではないでしょうか。

私自身も全てを取得しているわけではありませんが今後、自分の時間を上手に使いながら
できるだけ多くの資格が持てたら良いと思っています。資格を取るためにはその分必要な
勉強を行うため当然ですが、自分の知識も広がりそのまま仕事に直結してくれるので
損をすることはありません。特に学歴などの必要ない資格が多く、将来的にも
活用できる資格が多いように感じます。