1. >
  2. >
  3. 気になるニュースって何でしょうか

気になるニュースって何でしょうか

なんて答えたらいいの? 気になるニュース

私の女友達の一人に、ちょっとおもしろい性格の子がいます。
ちょっと女の子らしくないというか(なんて本人に言ったら怒られるかもしれませんが)、考え方が独特で、普通だったらあんまりそんなこと考えないというようなことを考えて、個性的な回答を見つけていたりしています。

そんな変わった彼女も就職活動には難航していたようで、しばらく連絡を控えていたのですが、つい先日ようやく決まったと嬉しそうな報告の電話がありました。
それで、ささやかながらお祝いの内定決定女子会をしてみたのですが、そのときその友達が言っていた話がおもしろかったので、ここにちょっと書いておきたいと思っています。

「気になるニュースってなんですか?」
という質問を、就職活動をしているとよく聞かれます。

私も就職活動のための虎の巻なんかを呼んでいたらそのことが書かれていたので、自分なりに回答例を用意していましたが、残念なことに私が試験を受けた企業では一度も聞かれることはありませんでした。
そこで最初に紹介した彼女からの話ですが、その子もかなり「気になるニュース」は何にすればいいかを必死に考えていたのだそうです。

本人曰く、だって本当に気になるニュースと言えばお気に入りの芸能人がどこでどういうライブをして、どんな人と付き合ったり別れたりしているかだけど、まさかそんなことを就職試験で言うわけにはいかない。
かといって、それほど深い知識があるわけでもない政治や経済について、中途半端な回答をしてしまったら逆に印象を悪くしてしまう。
当たり障りのないニュースであればいいかというと、それはそれで当たり障りがなさすぎて、他にライバルが多い就職面接で自分をアピールすることができない。

じゃあどう答えるのが本当にベストかということです。

友達の回答にびっくり

その女子会に参加していた4人はそれぞれに、一番模範的な回答となることを探してみたのですが、どうも簡単には思い浮かべません。
そこで、最初に質問をしてきた彼女が本番でどう答えたかを聞いてみることにしました。

彼女は面接官にそう聞かれたとき、
「さっき駅からここまで歩いて来るときに受けたインタビューが放送される今日のニュースです」
と返答したそうです。

本当にたまたまその時インタービューを受けたそうで、結果的にうまく言ったのでよかったと言えるかもしれません。
が、ちょっとなかなか本当の面接試験中にその返答はできないものですね。

よほどその企業の人事の人が、物分かりのよい方だったのでしょう。