1. >
  2. >
  3. 20代でもまぶたが垂れ下がる?

20代でもまぶたが垂れ下がる?

なんだかまぶたが重い…

最近気になっていることはまぶたが重いことです。
最初は仕事疲れとか寝不足によってまぶたが重いだけかなと思っていたのですが、鏡を見るたびになんだか眠そうな顔をしている自分が気になりだしました。

たくさん寝て睡眠不足を解消すれば、いつも通り!と思っていたのですが…。
多少、顔色はよくなったもののまぶたが下がっている感じはとれていません。

アイプチなどで上げつつごまかしていたものの、お休みの日に友達とカフェに行って話をしている途中。

友達「まぁゆ眠そう」

と言われびっくり!私自身はまったく眠いという感じではなかったものの、友達からは眠そうと思われているというのがショックで家に帰ってすぐ原因がなにか調べてみました。

まぶたが重いのはただの疲れじゃない…!

ネットでまぶたが重い、眠そうといったワード入れて検索してみると私と同じ症状の病気が浮上しました。

それが「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という病気です。

 

眼瞼下垂を医学的に説明すると、まぶたを持ち上げる筋肉にトラブルが生じている状態のことです。
目を見開いたときに、黒目にまぶたがかかっていないのが正常な状態ですが、何らかの原因で目を開いたとき、まぶたが黒目にかぶさった状態になる場合があります。
まぶたを持ち上げる筋肉のトラブルによって、そういう状態が起こってしまっているのが眼瞼下垂です。
東京の美容整形クリニック|真崎医院

 

真崎医院のホームページで症状例を見てみましたが、どうやら私の場合はまだ軽傷なほうみたいで…。
もっともっと症状が重くなるほど、まぶたを持ち上げる筋肉がなくなり、より眠そうな顔になってしまうのだそうです。

眼瞼下垂になってしまうと自力で治すというのはかなり難しいようなので、簡単な手術をして解消するのが一番の近道だといいます。
実際に手術をした写真なども合ってみましたが、全然顔つきが違うので眼瞼下垂になってしまうと大変なんだなあということを実感しています。

実際、私が本当に眼瞼下垂なのかはわかりません。
病院に行って診察をしてもらえば一発でわかりますが、まだ年だって20代なのになんで?という気持ちが強いのでためらっています。
とはいえ、眼瞼下垂は20代、30代でもなるというので不安だし一度病院にいって調べてもらおうと思っています。

結果がどうだったのかは別の機会に書きたいと思います。